副業 おすすめランキング!! | 完全在宅!40代主婦だって稼ぎたい!ネットビジネス攻略術!

副業 おすすめランキング!!

SNSを使って人脈が無限に増えるリストアップ方法を知りたくないですか?(タップ)

今、副業が注目されている?どのようなビジネスがあるのか? ズバリ調べてみた!

【なぜ、副業が注目されているのか?】

近年副業が注目を集め、大企業の間でも副業を解禁するところが増えて来ました。

副業といえば、こっそりと行うものという印象ですが、長引く不況の影響もあり会社員や本業を営んでいる自営業者のなかでも、経済的な理由から副業をする人が増えて来ました。

会社員のうち約14%ほどが副業をしており、全体の約4割の人が「副業の経験はないが興味はある!」という調査報告もあります。

今回は初心者向けの、注目の副業おすすめランキングをご紹介します。

収入につながるかどうかは取り組み次第ですから、気になる副業はしっかり調べてから挑戦すると良いでしょう。

【初心者向けスマホ 副業おすすめランキング TOP10】

忙しいサラリーマンや子育て中の主婦の方、学生さんでもスマホでできる副業です。在宅でもスキマ時間を有効活用し、特別なスキルを必要としないものをまとめてみました。

  • 1位 ポイントサイト
  • 2位 アンケートモニター
  • 3位 データ入力(クラウドソーシング)
  • 4位 フリマアプリ
  • 5位 せどり
  • 6位 オークション出品代行
  • 7位 ブログ記事ライティング・アフィリエイト
  • 8位 全自動のスマホ分散投資
  • 9位 おしゃれに資産運用
  • 10位 仮想通貨取引

【副業としてのバイトいろいろ】

副業でバイトをする場合は、本業の終業後や週末休日に行うようになります。

夕方から深夜にかけての仕事になり、ビジネスホテルの受付や、清掃の仕事、コールセンターなどを行なっている方もいるようです。

また、週末休日に行う副業バイトは、エキストラ、イベントスタッフ、試験監督など、単発のものが多いようです。

いずれの場合も、まずは本職の会社が副業OKかどうか必ず確認をし、副業バイトで疲れて本業に支障が出たといったようなことがないよう、注意しましょう。

【副業の注意点】年間で20万円を超える場合は確定申告をする必要があります

副業であっても、会社に雇用されれば給与所得となり、金額によっては課税の対象となります。源泉徴収されていれば、税金が戻ってくることもあり、源泉徴収されていなければ、税金を払う必要がある場合もあります。

【まとめ】

副業を禁止されている場合、副業バイトはしない方が賢明でしょう。また、基本的に座っている仕事など、あまり体力を消耗しないで済むものを選び、本業に影響が出ないよう配慮が必要です。

多くは本業が労働収入であるので、副業として選ぶものは、将来かならず訪れる老後や、病気や怪我により働けないような万が一のことを考え、ネットビジネスや権利収入などを考えることも一つの選択肢かもしれません。

声をかける人がいなくなり困っていませんか?

ネットワークビジネスの最大の難関は「声をかける人がいなくなる」と言うことです。

声をかける友人や知人が尽きてしまったら、あなたのビジネスはもう終わりです。

でももし、その人脈が無限に増えていき、しかも相手の方から「話を聞かせてほしい」と言ってくる方法があったとしたら、あなたは興味がありますか?

 

 

 

 

 

 

供が小さくて、土日セミナーに参加できないママさんに良い集客法があります(タップ!)